脳脊髄液減少症全国ネットワーク架け橋会員規約規定

第1章 総則

第1条(名称) 

当会は、脳脊髄液減少症全国ネットワーク架け橋と称する。

第2条(主たる事務所) 

当会は、主たる事務所を鹿児島県鹿屋市に置く。

第3条(目的) 

当会は脳脊髄液減少症で苦しむ患者が適切に治療を受け、また適切な補償を受ける事、そして社会に復帰しやすい社会環境を醸成することを目的とします。

第4条(事業)  前条の目的に資するため、次の事業を行う。

  1. 脳脊髄液減少症に関する検査、治療等の健康保険適用を求める事業
  2. 脳脊髄液減少症となった児童・生徒が学校にて適切に教育を受けることができる学校環 境を整えるための事業
  3. 自動車事故被害により脳脊髄液減少症となった交通事故被害者が、治療にかかる費用および脳脊髄液減少症に起因する各種後遺障害について適正な補償を受けるための基準改 正を実現するための事業
  4. 前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業
  5. 会員同士の交流を促進する事業

第5条(公告)  当会の公告は、電子公告により行う。

第2章 会員

第6条(入会)

  1. 当会の目的、会員規約規定に賛同し、入会をしたものを会員とする。
  2. 会員となるための手続きについては、当会ホームページの登録フォームまたは当会所定の様式による申し込みをし、代表、執行部または代表、執行部が指定した者の承認を得るものとする。
  3. 入会金、年会費は無料とする。

第7条(入会資格)

  1. 患者に限らず、家族、支援者の入会も可能とする。
  2. 他団体へ所属されている方については、入会は不可能とする。但し、当会の傘下団体へ所属されている方はこの限りではない。
  3. 一度退会された方の再度入会については最高顧問、代表、執行部の承認を得るものとする。

第8条(経費等の負担) 活動費は各会員の実費とする。

第9条(会員の資格喪失)  会員が次の各号に該当する場合には、その資格を喪失する。

  1. 退会したとき。
  2. 当会が解散したとき。又は活動を停止したとき。
  3. 除名されたとき。
  4. 総会員の同意があったとき。

第10条(退会)

  1. 会員はいつでも退会することができる。
  2. 会員からの申し出による退会は代表、執行部、または執行部が指定した者の承認を得るものとする。
  3. 退会届等は口頭もしくは電子公告等の文書とする。

第11条(処分)

  1. 当会の会員が、当会の名誉を毀損する、当会の目的に反する行為、言動を行う、会員として の義務に違反する等の疑いがある時、代表、執行部は調査を行い、注意勧告を行いその処分を決定する。
  2. 上記により、除名すべき正当な理由がある時は、代表、執行部の協議によりその会員を除名 することができる。
  3. 処分決定までの間、代表は仮処分を決定することができる。
  4. 各当会員には、弁明の機会を与える。

第12条(会員名簿)

  1. 当会は、会員の名称及び住所等を記載した会員名簿を作成する。
  2. 会員名簿は、最高顧問、代表または代表が指定した者が管理するものとする。

第3章 役員

第13条(役員の設置)

  1. 当会に次の役員を置く。
    代表、代表代行、副代表(若干名)、事務局長、事務局次長、役員、顧問、最高顧問、参与
  2. 役員のうち1名を代表とする。
  3. 役員のうち、代表、代表代行、副代表、事務局長、事務局次長、各支部長を執行部とする。

第14条(選任) 

役員の選任は、最高顧問、顧問、参与、代表、代表代行、執行部が指名権を持つものとし、役員会の承認を得るものとする。

第15条(任期) 

  1. 役員の任期は1年とし、再任は妨げない。
  2. 最高顧問、顧問、参与の任期は設けない。

第16条(最高顧問、参与の職務権限)

最高顧問、参与は役員の執行を監査する。

第17条(報酬等)

最高顧問、顧問、参与、役員の報酬は原則無償とする。

第4章 役員会

第18条(構成)

  1. 当会に役員会を置く。
  2. 役員会はすべての役員をもって構成する。

第19条(権限)  役員会は、次の職務を行う。

  1. 当会の職務執行の決定
  2. 役員の職務の執行の監督

第20条(招集)

  1. 役員会の召集は、代表又は、代表代行が行う。
  2. 役員会は、月1回とする。
  3. 緊急役員会及び、臨時役員会は必要に応じて招集する

第21条(決議)

役員会の決議は、決議について特別な利害関係を有する役員を除く過半数の役員が出席し、その過半数をもって行う。但し正当なる理由をもって役員会に出席できない者が過半数に至る場合はこの限りではない。

第22条(議事録)

役員会の議事録については、代表代行及び事務局長が議事録を作成する。

第5章 その他

第23条(会計)

  1. 当会は入会金、年会費が無料の為、収支決算報告等は行わないものとする。 但し何らかの収支決算報告等が必要と判断した場合、その情報を公開することとする。尚、収支決算報告書等は、役員改選前に行う。
  2. 当会は、寄付の申し出があった場合は、寄付金(一般・指定)として受領することができる。
  3. 当会に監査委員をおく。
       委員長 1名
       委員  1名
       

第24条(規約の改廃)

本規約規定の改廃は代表、執行部で協議し、役員会の承認を得るものとする。

第6章 附則

第25条(附則)

本規約規定に定めのない事項については、代表、執行部で協議し、最高顧問の承認を得ることとする。

第26条

本規約は平成26年12月3日に一部改正し、平成26年12月27日より施行する。

ページのトップへ戻る